トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。

 トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

パソコンでたくさんの住所を効率よく入力するコツ

 このページでは、パソコンのMS-IMEの設定を変更して、住所を効率よく入力するコツについてご紹介しています。


 パソコンでたくさんの住所を入力するためには、MS-IMEやATOKなどの日本語入力システムの郵便番号辞書を活用して、郵便番号から対応する地名に効率よく変換することがポイントです。

 では、一例として、ウィンドウズに標準で搭載されているMS-IMEの設定を活用して、住所を効率よく入力するコツについてご紹介してみましょう。

 MS-IMEの設定を活用して、住所を効率よく入力するコツ

 MS-IMEに搭載されている郵便番号辞書を使えば、郵便番号から簡単に住所を入力することができます。ただし、標準設定のままでは使ええません。そこでMS-IMEの変換モードを”一般”から、”人名/地名”に変更してみましょう。

パソコンのMS-IMEの設定を活用して、住所を効率よく入力するコツ


 ”人名/地名”の変換モードに変更すると、郵便番号辞書が使えるようになります。さらに、人名や地名の変換候補が最初に表示されるようになりますので、効率よく住所の入力ができるようになります。

 とはいえ、頻繁に住所入力をしなければならないような作業で、いちいちモードを切り替えて使うのはちょっと面倒ですね。

 そこで、”一般”モードでも郵便番号辞書を使えるようにMS-IMEの設定を変更してみましょう。



 郵便番号辞書を”一般”モードでいつも使えるようにする設定方法

 変換モードが”一般”のままでも、郵便番号辞書を使えるようにするには、システム辞書の設定を変更します。システム辞書の設定を変更するには、言語バーのツール→プロパティとたどり、システム辞書のプロパティ画面を開きます。

パソコンのMS-IMEの設定を活用して、住所を効率よく入力するコツ


 開いた画面で、”辞書/学習”タブをクリックします。

パソコンのMS-IMEの設定を活用して、住所を効率よく入力するコツ


 ここで、システム辞書の”Microsoft IME 郵便番号辞書”にチェックを入れます。チェックを入れるたびに、濃い表示と淡い表示に切り替わります。

 違いは、濃い表示が常に使える状態、淡い表示は”人名/地名”変換モードのような特定の変換モードでのみ使える状態です。常に使える状態にするには、濃い表示にしてOKで設定完了です。


 これで、変換モードが”一般”のままでも、郵便番号から効率よく住所の入力ができるようになりますので、パソコンで頻繁に住所入力が必要な方は活用してみてください。

 今回は、パソコンのMS-IMEの設定を変更して、住所を効率よく入力するコツについてご紹介しました。




●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。

 トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://zatugaku119.blog116.fc2.com/tb.php/184-918f66fd
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。