トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。

 トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

土地家屋調査士の資格と試験の概要

このページでは、土地家屋調査士の資格と試験の概要についてご紹介しています。



 ”土地家屋調査士資格”とは、土地と家屋(建物)の、いわゆる不動産に関する調査・測量を行い、その土地や家屋(建物)を所有する人に代わって、表示に関する登記の申請手続きをする不動産の専門家の資格(国家資格)です。


 もうすこし詳しくご紹介すると、


 土地家屋調査士は、不動産表示に関わる正確性の確保に必要な、土地や家屋などの建物の調査と測量、登記の専門家で、不動産表示登記に必要な土地・家屋の規模や現状を正確に調査・測量し、登記書類の作成や代理申請、審査請求などの手続きなどを行うのがその主な業務となります。



 土地家屋調査士になるには


 土地家屋調査士になるには、土地家屋調査士試験に合格し、土地家屋調査士資格(国家資格)を取得しなければなりません。


 土地家屋調査士試験の概要


 土地家屋調査士試験を受験する上で、年齢、性別、学歴など一切の受験資格の制限はありません。土地家屋調査士試験は毎年1回、8月下旬に筆記試験、11月上旬に口述試験が行われます。


 土地家屋調査士試験の内容


 筆記試験<午前の部>(一次試験)
 不動産登記法および土地家屋調査士法、民法などの関係法令や登記申請書、その添付書面の書式について、多肢択一式及び記述式で出題されます。

 ちなみに、午前の部試験は、測量士、測量士補、建築士(1級、2級)の資格のいずれかひとつをすでに取得している場合は試験が免除されます。

 午前の部試験は難易度が高いことから、比較的難易度が低く取得しやすい測量士補の資格を事前に取得し、午前の部の試験免除を受けるといった受験対策を行うのが一般的です。


 筆記試験<午後の部>(二次試験)
 平面測量、作図などについて、多肢択一式及び記述式で出題されます。



 追記

 このページの記事内容について、ご訪問いただいた方から、コメント欄を通じてご質問を頂きました。そのご質問へのお答えとして、以下の記述を追加いたしました。


 土地家屋調査士試験は、筆記試験と口述試験(口述試験は筆記試験の合格者が対象です)に分けることができます。

 さらに、筆記試験は、「午前の部」と「午後の部」に分けられ、測量士、測量士補、一級・二級建築士の資格を所有していれば、「午前の部」の試験が免除されます。

 「午後の部」の試験内容は、民法、不動産登記法、土地家屋調査士法などから択一方式(5択)で20問、記述式問題として2問(土地、建物)出題され、この記述式問題には作図(製図)も含まれます。


法務省が公表している平成22年度土地家屋調査士受験案内書(http://www.moj.go.jp/MINJI/minji05_00009.pdf)によれば、

 測量士、測量士補、一級建築士若しくは二級建築士となる資格を有する者又は午前の部の試験について筆記試験に合格した者と同等以上の知識及び技能を有する者として法務大臣が認定した者(筆記試験に合格した者を除く。)(以下「認定者」といいます。)は、その申請により午前の部の試験が免除されます、との記述があります。

(法務省の公開している土地家屋調査士受験案内書には、午後の部の試験を対象とした試験免除に関する記述はありません)


 また、法務省の午前の部の試験問題についての記述(http://www.moj.go.jp/content/000055396.pdf)によれば、試験内容は、多肢択一式問題(第一問から第十問まで)と記述式問題(第十一問)からなる、とあり、さらに午後の部の試験問題(http://www.moj.go.jp/content/000055397.pdf)については、多肢択一式問題(第一問から第二十問まで)と記述式問題(第二十一問及び第二十に問)からなることが示されています。(なお、この記述式問題には作図も含まれています)

 つまり、午前の部の試験と午後の部の試験は、共に多肢択一式問題と記述式問題が出題されるということになります。

 なお、土地家屋調査士試験の概要については、その年度ごとに法務省が公開する正確な情報に基づいて対策を講じていただきたいとの考えから、あえて本記事では詳細については触れず、おおまかな記述に留めさせていただきましたことをご理解ください。

 土地家屋調査士試験の詳細については、法務省の土地家屋調査士試験のページをご覧ください。




●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。

 トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集


コメント

  1. りんがむ | URL | -

    ご質問の件について

    はじめまして、当サイトの管理人、りんがむと申します。

    土地家屋調査士試験に関するご質問について、
    ご回答をさせていただくにあたり、
    コメント欄では不十分と考え、記事本文に追記という形で
    お答えさせていただきました。

    詳細は、記事本文の追記をご覧ください。

    また、他にも何かご不明な点がありましたら、
    ご遠慮なくお申し付けください。

    それでは、これにて。

  2. | URL | -

    測量士、測量士補、建築士は二次試験の製図が免除なのではないですか?(´・ω・)ノ♪

    一次(午前)の
    学科と書式はみな受けるのではないの?

    あと午前が択一?午後が択一?混乱しています

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zatugaku119.blog116.fc2.com/tb.php/144-34cc3d38
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。