トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。

 トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

お金を残す家計の見直しのポイント

 このページでは、お金を残す家計の見直しのポイントについてご紹介しています。


 見直しポイント1:支出を見ればその家のお金の使い方の癖がわかる

 お金を残す家計の見直しは、お金の流れを正しく把握することから始まります。毎月いくらの収入があるのかはよくわかっていても、何にいくら使っているのかを正しく把握できていないことがけっこう多いものです。

 毎月どこに、どのくらいのお金が使われているのかがわかれば、自然にどのくらいのお金が節約できるのかも見えてきます。支出は、いってみればその家のお金の使い方の癖のようなものですから、お金を残すためには、自分の家の支出の癖を把握することがお金を残す重要なポイントになります。


 見直しポイント2:家計簿をつけなくてもお金の流れはわかる


 毎月何にいくら使っているのかを把握する方法といえば、すぐに思い浮かぶのが家計簿です。

 たしかに家計簿をきちんとつけていれば、お金の流れは一目瞭然ですが、なかなか続かないという方も多いようですね。実はこの家計簿がつけられないから、家計の見直しが先に進まないという方もまた、とても多いのです。

 本来、家計簿をつけることは家計を見直すためのひとつの手がかりであって、目的ではありません。家計簿が苦手なら、いつまでもそれにこだわらず、他の方法を使えばいいのです。

 お金の流れを把握する方法は、なにも家計簿ばかりではありません。支出の項目ごとに封筒を用意するだけでも、どこにどれだけのお金が使われているのか簡単にわかります。

 たとえば、口座引き落としになっている支払いは銀行の通帳を記帳すればわかりますし、クレジットカードは項目名を書いた封筒に明細書を入れておけば集計も簡単です。

 その他の支出も同じようにそれぞれの項目名を書いた封筒を用意して、その中に項目ごとの領収書やレシートを仕分けして入れておけば、あとで集計するのも簡単ですし、項目別の支出額も把握できます。

 家計簿をつけることに何度も挑戦している間にも、余計な支出は出て行きます。家計簿は手段と割り切って、あまりとらわれすぎないほうがいいかもしれません。


 見直しのポイント3:支出を生活に必要なお金とそれ以外に分ける

 項目ごとの支出を把握したら、次は支出全体の金額を暮らしに必要なお金とそれ以外に分けてみましょう。暮らしに必要なお金というのは、家賃や食費、光熱費や通信費、日用品の購入費など、家族全員が暮らすために必要なお金の合計です。いわゆる生活費ですね。

 いいかえれば、生活費は、もしも収入が途絶えても必ず必要となるお金です。生活していくための基本という意味で基本生活費とも言いますが、この基本生活費がきちんと把握できていれば、たとえば何かの事情で収入が減るといった場合にも、どのくらい足りなくなるのかがすぐにわかります。

 そして基本生活費以外にいくら使われているのかが把握できれば、節約してお金を残したいと思ったときに、生活を変えずにどの支出を抑えればいいのかもすぐわかります。


 見直しのポイント:生活に必要なお金以外をまず削る

 節約は、まず基本生活費以外の部分で削れるところがないかを考えてみることが大事です。基本生活費は堅実でも、それ以外の支出がふくらんでいることが結構多いものです。

 もちろん、基本生活費以外の支出には、毎月かかるものもあれば、年に数回の支出もありますから、年間○○万円という形で全体像も把握しておきましょう。

 その上で、どの支出をいくらくらい減らせるのかを、家族みんなで話し合ってみましょう。


 見直しのポイント:誰がいくら使っているのか把握する

 基本生活費に関する項目名は、たとえば家賃とか光熱費とかどこの家庭でも共通している部分ですから問題は無いのですが、基本生活費以外の項目となると、家計簿によくあるような項目名では、それぞれの家庭の実情がうまく反映できないことがあります。

 そこで、家計簿でよく使われている項目名ではなく、それぞれの家庭に即した項目名を使ってお金の流れを管理してみましょう。

 といっても方法はとても簡単です。項目名を家族の名前にすればいいのです。

 たとえば、夫にかかるお金は夫関連費用、妻にかかるお金は妻関連費用、子供のいるご家庭なら、その子供ひとりひとりの名前を使った○○ちゃん、○○くん関連費用のように分けて、誰にどのくらいのお金が使われているのかを把握できるようにしてみましょう。

 こうすれば、誰の支出がふくらんでいるのかがはっきりします。もちろん、誰の支出がふくらんでいるからいけないとか良いとかではありません。

 家計を見直してお金を残そうと思うなら、家族みんなの協力が必要です。でも家族のそれぞれが自分にいったいどのくらいお金がかかっているのか知らなければ、節約に対する意識も統一できません。

 自分にどのくらいのお金がかかっているのかを自覚して、そこから減らせる支出がないかを家族みんなで考えるようになれば、自然とお金を残せるようになっていきます。これもお金を残す家計の見直しの重要なポイントです。


 今回は、お金を残す家計の見直しのポイントについてご紹介しました。

スポンサーサイト



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。

 トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。