トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。

 トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集

厄年の意味と由来

 厄年の意味と由来についてご紹介しています。


 厄年(やくどし)は、一般的に男性が25歳、42歳、61歳、女性の場合19歳、33歳、37歳とされ、災難や不幸に出会うことが多い年齢だといわれています。

 とりわけ、男性の42歳は”死に”、女性の33歳は”散々”に通じることから、”大厄(たいやく)”と呼ばれ、厄年の前の年(前厄)と厄年の後の年(はね厄)とあわせて不幸や災難が3年間続くとされています。

 男性の42歳と、女性の33歳は、とんでもないことが起こりかねない年齢だからくれぐれも気をつけて過ごしなさいよ、ということですね。


 厄年は、もともと平安時代の陰陽道(おんみょうどう)に基づいた考え方から生まれ、広まっていったとされています。

 陰陽道というと、どこかしら摩訶不思議でオカルト的な印象がありますが、すくなくとも厄年という考え方に関しては、至って現実的な考察に基づいて生まれたようです。


 つまり、男性であれ女性であれ厄年に近い年齢になると、心や体、あるいは社会の一員としての立場や役割、責任に大きな変化が訪れる時期でもあります。

 いわば人生のターニングポイントにさしかかる年齢ですから、良くも悪くも大きな変化が起こりやすい、そんな年なのだよ、気をつけなさいね、ということですね。


 確かに言われてみればその通りのようで、多少の年齢的なズレはありますが、男性であれば、厄年の頃は、社会的責任が増す年齢にあたりますし、女性であれば、結婚、出産、更年期といった人生の大きな転換点が思い浮かびます。


 地域によっては干支に基づいて12年ごとの生まれ年を厄年としているところもあるようですが、いずれにしても、かつては厄年といえば災いを避けるために、お祓いをしたり、神様や仏様におすがりしたものです。

 現代では昔ほどには厄年にこだわらない、という方も多くなりました。

 たしかに、厄年、という言葉の響きだけ聞けば、どこかしら時代遅れの古い迷信のようにも思えますが、厄年の意味するところは、意外と現実的な根拠に基づいた教訓とも言えます。

 ”転ばぬ先の杖”という言葉もあるくらいですから、信じる信じないは別として、厄年にあたる方は、”心の保険”と考えて、一度厄除け祈願などを済ませておくのも良いかもしれませんね。


 今回は、厄年の意味と由来についてご紹介してみました。

スポンサーサイト



●当サイトのすべてのページは、サイトマップ(すべてのページ一覧)からご覧いただけます。どうぞご利用ください。

 トップページ  サイトマップ  運営者情報  リンク集


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。